暗殺教室 ネタバレ 129 画バレ感想「茅野カエデは天才子役!激痛の中での執念の演技!!」|暗殺教室 ネタバレ考察センター
So-net無料ブログ作成
検索選択

暗殺教室 ネタバレ 129 画バレ感想「茅野カエデは天才子役!激痛の中での執念の演技!!」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
>>期間限定!!暗殺教室などのマンガを<<
>>無料で読むにはこちらをクリック!!<<

いつもお読み頂きありがとうございます♪

一生ヲタク、全力全開!アニヲタを楽しむぽむじぃです!!



さて今回は、

暗殺教室 ネタバレ 129 画バレ感想

「茅野カエデは天才子役!激痛の中での執念の演技!!」


の記事に関して前半部分をお届けさせていただきます♪

暗殺教室 ネタバレ 129 画バレ


それでは、暗殺教室 第129話「正体の時間」

ネタバレ含む画バレなし感想を見ていってくださいね♪


スポンサーリンク




暗殺教室 ネタバレ 129 画バレ感想


暗殺教室 ネタバレ 129 画バレ

いよいよ、謎に包まれていた前の担任、

雪村あぐりに焦点が充てられてきました。



おそらく、殺センセーがE組の担任になることになった

直接の原因であるであろう

雪村あぐりの妹、それが茅野カエデでした。



茅野カエデは当然偽名で本名は雪村あかり。

さらに天才子役として一時期名を馳せた摩瀬榛名だったと。



触手の激痛に1年間耐え、笑って過ごした執念の精神力はヤバイですね。

そして、この暗殺教室で培ってきたスキルでもって

さすがの殺センセーも

暗殺一歩手前まで追い込みました。




でも、E組の生徒達はショックは大きいでしょうね。

今までごく普通の生徒だと思っていたのですから。

そしてそれは殺センセーも同様だったのでしょう。

1年間、苦痛に耐えながら演技し続け、

それが全くバレないほどの精神力とは

一体いかほどのものか判りません。




名探偵コナンも黒幕の正体は誰だと様々な考察がされていますが、

作者の考え次第でいかようにも黒幕を変更することは可能です。

阿笠博士だったり、別の人物だったりです。



それと同様に、この茅野カエデが最初からそういう伏線を貼っていたのか

それとも途中でそれらしく軌道修正したのか

それとも、序盤の段階では誰がその役を担うのか決まってなかったのか、

非常に気になるところですが、

まぁ普通に読み進めていた一読者としては

まんまと驚かせられた訳で、

こういった驚きは自分としても結構好きだったりします。



暗殺は失敗したものの、殺センセーを殺せることが確信出来たという

茅野カエデもとい雪村あかり。

はたして、彼女は救済されるのでしょうか・・・

そして、明るみになる殺センセーと雪村あぐりとの関係。

いやぁ、今後見逃せない展開となりました!

この記事の後半部分へ→



スポンサーリンク





暗殺教室 ネタバレ 129 画バレ感想

「茅野カエデは天才子役!激痛の中での執念の演技!!」


の記事に関して前半部分をお届けさせていただきました♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[目次]


関連記事はこちら♪


暗殺教室 ネタバレ 作品/人物紹介一覧
暗殺教室 ネタバレ マンガ感想一覧


スポンサーリンク






今後の更新はこちらのブログで行います♪暗殺教室 渚 考察タイムス

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 暗殺教室 ネタバレ考察センター All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。